オンラインチケットでサミットに参加するにはどうすればよいですか?

イベント開催前に、ログイン情報をメールでお知らせします。イベントのリンクをクリックし、登録したEメールアドレスでログインしてください。ログインしたら、プロフィールを作成しましょう。他の参加者に自分のことを知ってもらい、ビジネス上のつながりを持てるようになります。セッションに参加するには、「プログラム」の「セッションに参加」をクリックします。

推奨されるシステム要件はどのようなものですか?

バーチャルサミットは完全にクラウドベースで行われ、別途プラグインやダウンロードを必要としません。イベントのリンクは、Google Chrome、Safari、Firefoxなどの規定のブラウザで開くことができますが、プラットフォームの一部機能は、デスクトップのChromeブラウザでのご利用がおすすめです。

ウェビナーなどと同様に、セッションにはイヤホンのご利用がおすすめです。

スマートフォンやタブレットから参加できますか?

はい、問題ございません。Webベースのイベントとなっており、モバイル端末のブラウザはじめ、あらゆるブラウザでアクセスできます。* Webレイアウトは電話やタブレットの画面にも対応しています。*また、ULIアジア太平洋サミットのイベントアプリを使って、モバイル端末から本イベントに参加することも可能です。

*プラットフォームの一部機能は、デスクトップのChromeブラウザでのご利用がおすすめです。

他の参加者と出会うには?

サミットに参加しているバーチャル参加者のプロフィールから「Meet」を選択して個別面談をリクエストしたり、「Chat」をクリックしてすぐに会話を楽しむことができます。このほか、ラウンジのバーチャルテーブルに座って、他の参加者とインスタントウェブ会議で交流することができます。

自分のタイムゾーンでイベントの時間を表示することはできますか?

このイベントは東京時間に設定されています。でも、「イベントのタイムゾーン」ボタンをクリックして、「自分のタイムゾーン」に切り替えることが可能です。これは「プログラム」ページで確認できます。

社内のファイアウォールでライブ配信が視聴できない場合はどうすればよいですか?

会社のノートパソコンでライブストリームができない場合は、スマートフォンやタブレットからご参加ください。またはULIアジア太平洋サミットのバーチャル・イベント・アプリからのご参加をご検討ください。

プレゼンテーションルームとは何ですか?

サミットの主要プログラム以外にも、プレゼンテーションルームにてスポンサーによる知識共有のための専用セッションを設けています。最新の知見の共有、ライブチャットでの質問、プレゼンターのリアルタイムでの交流が可能です。